よろず鍵盤弾きの日常

よろず鍵盤弾きの日常ゴトあれこれ&時にはシリアスに音楽ネタも語る。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴスペル鍵盤弾きモードスイッチが入り、お初の曲をいろいろと練習していると・・・やはりゴスペルは盛り上がりながらどんどん転調していくパターンがとっても多い。

半音ずつ転調してゆくわけなので・・・そりゃー当然、♯の調号のいっぱいついたキーになることもあろうというものだ。
・・・盛り上げて転調してゆくわけだから、当然転調を重ねてゆくたんびに『雄弁に』ならねばいかんのだが・・・。
楽なキーでは、結構動きがいろいろバリエーションできるのに、『黒いキー』ではともすると『無難に、寡黙に』なってしまいそうなのは、全く困ったことだ。


まだ・・・♭系はいいけど・・・♯系はニガテ・・・・5つくらいついてくると『うわあ・・・』と。
これは、これからの大いなる課題なのである。


・・・・バラード系は・・・・♯系だとなんだかしっくりこないことが個人的には多い。
こないだ・・・ミーシャの『エブリシング』を、Gのキー(ト長調)で聞いたとたんに『うへえ』と思ってしまった。

なんだか・・・まったく別の曲みたいだったあ~~~。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yorozukenbanhiki.blog118.fc2.com/tb.php/588-bd3e4ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。